上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20170606-IMG_2827.jpg

北海道産コーンフラワーを湯種にして、イングリッシュマフィン。

◯OPERA×北海道産コーンフラワー(湯種)
◯ホップ液種(20%)
※冷蔵発酵

出来上がりにもコーンフラワーをまぶして^^

パサつきがちなイングリッシュマフィンも、コーンフラワーの湯種を加えるともちっとします。
コーングリッツでも同様にできます♪
コーンの風味がより立つような。
パン教室ではグラハム粉を湯種にしたレシピを習いましたが、雑穀のえぐみをとる効果もあるみたいです。
そば粉やふすまでもできそうですねヽ(´▽`)

この日は苦手なブルーチーズに、大好きな北海道産紅鮭の冷薫(スモークサーモン)をサンドしていただきました♡
あ、冷薫は市販のですよσ(^_^;)
coopの宅配で扱ってくれるので嬉しい♡

サーモン=海外からの輸入…ということらしいので。

苦手なブルーチーズをなぜ食べるのかって、好き嫌いをなくしたいから!(笑)
パクチーも苦手なので、いつか克服したいと思ってます(*´m`)

あ…
でも、羊肉はどうしてもダメみたいです…ヾ(´ε`;)ゝ
味付けジンギスカンは好きだけど、生を焼いてタレをつけていただくの、あれはどう頑張ってもダメみたい…
トルコ旅行へ行ったときは、羊肉料理は下味が付いたものまで全てアウトでした…(ノ△・。)
(鹿肉や馬肉、イノシシ肉などは大丈夫なのにー)

う〜ん、北海道民なのに生ジンギスカンが食べられないなんてもったいない〜!!
(…と、いつもオットに言われる)

↓ワンクリックしていただけると 嬉しいですฅ(´-ω-`)ฅ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

↓インスタです^^

Instagram





関連記事
スポンサーサイト
新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。